あなたは知ってる?閲覧者目線のオシャレなホームページのイメージ

閲覧者目線のホームページを心がける

閲覧者がどのように見ているかを考えていないホームページを見つけることはたやすいです。ホームページは作りこんでいくとどこまでもこだわることができます。ですが、全部のこだわりを閲覧者が望んでいることではないのです。そもそもホームページを開けないくらい重く作ってしまうことは論外です。こだわっていくとその落とし穴にはまる可能性が高いのです。技術的に難しいことを盛り込むよりも内容で勝負するほうが重要です。閲覧者の気持ちになって作れば、知りたいことが知れるホームページになります。押し付けたい情報のみを掲載しているホームページではすぐに忘れられてしまいます。閲覧者が何を求めてキーワードを検索したかを考えると答えは見えてくるでしょう。

おしゃれなホームページを実用的にする

どんなにおしゃれなホームページを作っている会社でも、すべてのページをおしゃれにしていては実用的ではありません。トップページはおしゃれにして、下部ページをテイストだけを残して実用的にしているのです。トップページのおしゃれな部分にはデザイン性と会社のイメージを融合させるといいでしょう。おしゃれなものが出来上がります。ホームページのイメージにどのようなメッセージを乗せるかでおしゃれの方向性が決まります。温かみなのか、クールなのか、そのイメージによって色使いから決まってきます。全体におしゃれに仕上げるのなら色使いを全体に使い、統一感を出すとおしゃれに見えます。ホームページの枠外の色もイメージと合わせるとおしゃれ度が増すことになります。

hp作成ソフトとは、ホームページ作成の支援をしてくれるソフトウェアのことで、HTMLやCSSのプログラム言語を知らない人でもホームページを作成することができます。

© Copyright Web Design Giant. All Rights Reserved.